2017
10.13

米倉6

Category: 和食
10月はじめ、風がなく蒸し暑い日、
12時近くに着くと、板さんが出てくるところでした
門のところに渋い鉢が置かれています



外観 

中を覗くと、水草と苔、それにきれいなメダカたち(*゚v゚*)

鉢 


外観2 
玄関と、その横にも素敵な水鉢が置かれ、
かわいいメダカが元気に泳いでいます
玄関周りがとてもよい雰囲気になりました


鉢2 


2人の場合、カウンターになることが多いです
個室とカウンターしか経験がないので、
ふたつ並んでいるテーブル席に一度座ってみたいな


いつもの生ビール


ビール 



柿の葉でおおわれた前菜

前菜 
ピオーネと冬瓜のみぞれ煮・子持ち鮎・だるまイカ焼き・秋茄子田楽
もて菊甘酢・穴子鮓・松茸とまなかつおのフライ


前菜2 



日本酒 



お造りは、醤油と塩だしで

造り 
炙りカマス・伊勢海老・蒸しうに・マコガレイ

造り2 


松茸土瓶蒸し

土瓶蒸し 
焼き松茸とハモとしんじょう、焼いた豆腐
最高のお味でした


土瓶蒸し2 


強肴
牛ヒレ肉の葛打ちと、柔らか煮
柔らか煮は私にはくどかったです


くずうち 


焼き物
松茸巻きのどぐろ・カンパチしんじょう
巻き湯葉のたれ焼き・ヒレ肉の炭火焼き


炭火焼き 


温物
香茸と里芋の葛煮

温物 
温物2 

この器の顔、なにに見えますか?
犬?タヌキ? ・・・正解は蟹です 
言われてみれば納得!
器もだんだん素敵になっていますね

温物3 


炊き合わせ
鰆とほうれん草とあら麩の赤味噌煮
とても品のいい赤味噌


炊き合わせ 


手打ち蕎麦
究極の細さです


蕎麦 
絶品のそば湯

そば湯 


芋羊羹と芋皮の餡かけ

芋ようかん 

今回も夜のコースを満喫しました
料理はひさしぶりにテンポよくだされて、
2時間で食事が終わったのもよかったです


帰る時には石畳に水打ちがされていました


外観3


12月のお昼は2日だけ空きがあって、
なんとか予約できました
相変わらずの人気ですねー
メダカを見るのが楽しみだなあ

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top