2014
01.08

トコの抜歯手術

Category: トコ
昨日トコの抜歯手術をしました。
歯肉炎はほっておくと、
口の中が痛くなってご飯が食べられなくなる怖い病気です。

一番心配だったのは全身麻酔。
麻酔から覚めず自力呼吸ができないまま亡くなった猫ちゃんがいる、
と聞いて、とても不安になったからです。
トコは高齢とはいえ、健康体なので、あまり先延ばししない方がよいことや、
手術中に呼吸がとまった場合は人工呼吸をするなど、
いろいろ話を聞いて手術することを決断しました。
なにより先生の「大丈夫ですよ」という言葉が心強かったです。

トコ 

若い猫は5分程で麻酔から覚めるのに、トコは1時間も眠っていたそうです。
トコ、よくがんばったね!
歯石もとってもらって、ひどかった口臭もすっかりなくなりました。
先生方に感謝です!!
   

抜いた歯は11本!!(根っこしか残っていない歯も含む)
すでに失くしている歯は13本
いま残っている歯は6本です゜゚(>ヘ<)゚ ゜。


こんな精悍な顔をしていても、
やっぱり老猫なんだなぁと改めて思いました。


トコ2  


歯は6本しかなくても、食事はいままで通りで大丈夫!
フードも噛まなくていいそうです。
そういえば今は亡きコトも歯がなくてフードを飲んでいたもんね。

手術した日の夜にペースト缶詰をたくさん食べて、
まったく吐かなかったので、もう病院に行かなくてOK。
縫った糸は自然に溶けるしね~。 

保護した時3.6キロだった体重も4キロに増えました。
軽い貧血、少しだけ高かった白血球も改善されて、
すっかり健康体です。
今後も歯茎の腫れと口臭に要注意なんですけどね。。 
 

トコ3 


いまは逃げ腰で籠っていますが=´、`=)ゞすこしづつ家猫らしくなってきましたよ。
早く降りてきていっぱい探検しようよ!!!


トコ4 


ここで、にゃおよさんちの愛猫パルさんがゲスト出演です
生後6ヶ月の女の子。まさに可愛い盛りですね~♪

にゃおよママからのコメント!

この年末年始、ほんと~~に、よ~~く「お手伝い」
してくれました
(*´ω`*)


ぱるさん   

『ママ、今年は姉妹が欲しいわよー!』byパル




スポンサーサイト
Comment:8
2013
11.16

くろしろ猫、保護しました

Category: トコ
4日前に我が家にやってきた推定13歳の女の子。
「コト」の反対で、「トコ」と名付けました。


とこ4 

小顔に八割れ、まんまる目、顎が黒いのが特徴です。
きりっとした美人さん☆
もう少し慣れたら、鋭い目つきも柔らかくなるかな。

とこ 

背中のチャームポイント。
とこ3 


ウチのわんこが元気だった頃に兄弟4匹で生まれたノラ猫の子。
しばらくして耳にピアスがしてあったのを見てホッとしたものです。
(ピアスは不妊手術の証拠)
いまはピアスとれちゃったみたいね。

それから数年見かけなかったのですが、
2年程前だったか、2匹が姿を見せるようになり・・・、
はじめは触ることができなかったのに、
トコは今年の夏にはすっかり懐いてくれました。

つい最近聞いたハナシ!!
4匹共飼い猫になって、 トコも兄弟2匹で近くの家にもらわれ、
おじいさんと一緒の布団で寝ていたそうです。 

そんな風に幸せに暮らしていたのに、
おばあさんが亡くなりおじいさんが施設に入ると、
若い人に追い出されてしまった゜゚(>ヘ<)゚ ゜。
寝床をつくってもらうわけでもなく、
今はその家の軒下や隣家の縁の下やマンションの駐輪所にいるというではありませんか!?

ずっと飼い猫だったのに高齢になってから外猫にされるなんて・・・、
2匹共、逞しく生きてきたね!!
それを聞いて不憫でたまらなかったところに、 急にきた寒波。
もういたたまれなくなって、トコを家に連れてきました。

もう一匹の子はエサを持っていってもほとんどいなくて、
兄弟でも別の場所にいるみたいです。
近くにいるのはわかっているのでなんとか触れるようになりたい!!


トコは「コトの部屋」にいます。
まだ他所の猫みたいだけれど早く慣れようね。
これからよろしくです(=´∇`=)

とこ2 

さぁ、モコ! あなた好みの年上の女だよ~☆
外で喧嘩ばっかりしていないで、仲良くなれるようにがんばろう!!!



Comment:17
back-to-top